朝、カフェで読書会

日曜日の朝、都内のカフェで好きな本を持ちよりながら、情報交換をしている読書会のブログ

活動日記 7月15日

おはようございますヾ(^∇^)

遅くなりましたが先週の読書会の紹介本です♪

なお、本日の読書会は銀座ミタスカフェで開催されます。
http://www.facebook.com/events/320536351372309

/

『1日2400時間発想法』
1日2400時間使うには人から時間をもらえばいい。1日の限られた時間でも100人とコミュニケーションすれば2400時間分の成果を得られる。そのためには、相手の時間も大切にすること。遅刻は、相手の時間を奪うことになるので、やってはならない。帯に村上龍推薦と大きく書かれており、著者の名前が小さく書かれている。これはPRの戦略の一つだとのこと。

『地下鉄は誰のものか』
東京都副知事の猪瀬さんが書いた本。東京メトロ都営地下鉄は、ムダが多いので合併すべき。地下鉄は、国民のものですと主張している。東京メトロ都営地下鉄の経営の非効率について書かれている。東京メトロは関東私鉄の中でも一番給与が高い。私鉄各社は、電鉄事業だけでなく周辺の都市開発にも力を入れているのに、東京メトロ都営地下鉄はそういった事を行っていない。何もせずに儲かるから。これは東電の構図にも似ている。
『略奪大国』
「7つの習慣」などを日本で紹介したりしている評論家ジェームス・スキナーの書いた本。資本主義は、資本から得た利益を再投資し、さらなる富を生む。しかし、社会主義は、得た利益(税金)を社会保障に投じる。ここからは、利益が再生産されない。日本は、社会保障費にどんどん税金を向けているが、これでは社会保障を受け取る人たちに、富を略奪されるだけだ主張。国債破綻まであと4年、自分で考えて自衛せよ。


『日本でいちばん社員満足度が高い非常識な働き方』
「社員満足度日本一」のECスタジオという会社を紹介している。しないこと14カ条というものがあり、以下のような項目がある。
・株式公開しない
・経営理念に共感してくれない会社とは取引しない
・特定の組織・団体には入らない
・社員はクビにしない
採用も一緒に仕事できるか、価値観が合うかで判断。社員の満足度を高めることで、モチベーションを高め成果を上げている。

『快感回路』
快感を感じる部分は、脳にある快感回路という部分。快感を感じるとは依存症と表裏一体でもある。薬物依存症は、自然に受ける報酬以上に快感を刺激する薬物摂取によって、薬物耐性が起こり、依存症を生じさせる。食物も薬物と同じで快感回路を刺激する。肥満とは、食物依存症とも言える。特に「糖」と「脂肪」は人間の脳に最高の快感を与える。これは人類の脳が発達した100万年の間、狩猟採集の時代で、普段の食べ物が植物中心で、高カロリーの糖と脂は貴重だったからである。これに乗じて、外食産業は高カロリー食を提供し、快感を刺激している。

宜しくお願いします!
広告を非表示にする