朝、カフェで読書会

日曜日の朝、都内のカフェで好きな本を持ちよりながら、情報交換をしている読書会のブログ

活動日記 6月23日

f:id:umikasa:20130628100852j:plain

(^o^)ノ <おはようございます!

先日の読書会は、課題本を『学問のすすめ』にして開催されました

学問のすすめ』は、明治維新直後、アジア各国が欧米列強の属国になりつつあった時代に出版されました。福澤諭吉は「日本人一人ひとりがきちんと学び、経済活動を行い、そして自立することが出来れば日本全体が発展し国家主権は保たれる」と信じていました。

本書は、当時の驚異的ベストセラーとなり、新しい時代を切り拓く指南書として多くの人に読まれ、その後の日本にとてつもない影響を及ぼしています。

主なメッセージは「実学を学べ、民間企業で経済活動をしろ、国民は国の統治システムを信頼しきちんと税金を払え、為政者は国民のために働け」というものです。

今の時代に生きる私たちにとっては至極当然の内容ですが、140年前、江戸時代の身分制度がまだ強く残り、実学より道徳教育が重んじられた時代に、このような新しい考えを国民全体に広めたことに驚かされます。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

すべての人は平等に生まれ、生きているうちに貧富の差や出世に差が生じるのは、学問があるかないかの違いである。

私たちも、学ぶ人にとって社会はチャンス溢れる魅力的な場所であると考えております。

今後もこの『日曜朝カフェ、読書会』は学ぶ人たちにとって、お互いに刺激を与え合え、お互いに高め合える場にしていきたいと考えております。

今後の読書会開催日程をご案内させて頂きます。
https://www.facebook.com/dokushokai/events(PCノ方)
https://www.facebook.com/events/439372576160697/(スマフォの方)

今後とも宜しくお願いします(^^)/

広告を非表示にする